2010年05月27日

トキ、抱卵中断=ふ化難しく―新潟県佐渡市(時事通信)

 環境省は21日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのうち、卵を温める姿が確認されていたペアが20日に抱卵を中断したと発表した。長時間巣を離れており、この巣の卵はふ化しないとみられる。
 20日には、別のペアがカラスに卵を奪われている。ほかに抱卵しているペアはないが、同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官は「巣を作っているペアもおり、ふ化の可能性は残っている」としている。 

【関連ニュース】
期待のペア、ひな誕生困難=放鳥トキの卵、カラス奪う
トキ、ひな誕生の可能性=餌与えるしぐさ
放鳥トキの営巣確認=5組目、抱卵は確認できず
放鳥トキの卵、カラスが奪う=ペアの巣に飛来
放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る?

新型水虫が格闘技部の中高生に猛威、拡大防止へ診断義務化/神奈川県(カナロコ)
「逃げろ!」の声で群衆走り出す 一緒にいた友人は帰らぬ人に(産経新聞)
「小沢氏了承」改めて供述=再聴取に元私設秘書、石川議員も―東京地検(時事通信)
<ローソン>子会社が元専務らに144億円の損賠求め提訴(毎日新聞)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
posted by コバヤカワ アツシ at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。